遠距離恋愛中に、バイト先の女の子に恋をした話

当時私は付き合っていた恋人がいたのですが、遠距離恋愛をしていたので、1ヶ月か2ヶ月に一度会えるかどうかという関係でした。
でも、彼女一筋!と考えていたので、他の女性とは一切関係を持たないようにしていました。
純粋で一途な恋だったと思います。

ところが、アルバイトを始めてから気になる女の子ができてしまったのです。
恋人がいるということを考えれば考えるほど、バイト先の女の子のことが気になってしまいます。

私はスーパーマーケットでバイトをしていたのですが、担当の売り場が隣だったので、その子の働きぶりを見ながら仕事をしていました。
可愛いし、愛想は良いし、何より接客が上手かったので憧れていました。

その子と私は同じ年でしたが、彼女は短大だったので就職活動をするようになってからバイトのシフトにあまり入らなくなってきたのです。
週に1度は必ず決まった曜日に出勤していたので、私はその日が待ち遠しくなっていました。
この時点ですでに、自分の恋人より、その子のことの方が気になっていたのは確かです。

ご飯くらいなら浮気ではないと自分に言い聞かせ、その子をご飯に誘うことを決意しました。
出勤してきた日にすぐに声を掛けると、まさかのOKをもらいました。
私は、恋人と別れてこの子と付き合ってもいい!というくらいの気持ちになっていました。

もしチャンスがあれば、ご飯を食べている時に告白しようかなとも考えていたほどです。
そしていよいよ2人きりで食事に出かけました。
まともに話すのが初めてだったので、就職活動のことなど色々尋ねていると、ふいに彼女の口から「私の彼がね…」という言葉が発せられました。

撃沈とはこのことを言うのだなと思いました。
確かにこんな可愛い子に彼氏がいないわけがないと、後から考えれば分かるのですが、さすがにショックを受けました。

告白しようとまで考えていた私は、告白前に彼氏の存在を知ることになり、すっかり失恋した気分でした。
翌日からは、やっぱり自分の恋人が一番!と急に我に返り、恋人のことをちゃんと大切にしようと思ったのでありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です